'."\n" ?> 三重、転職のコツ

三重、転職のコツ

看護師、ナース、転職、求人、募集

メイン画像

更新日:

おかずのレシピはレビューを見てから

毎年のように夏がこれだけ酷暑になるとご飯を作る気が全くしない人も多いだろう。基本お腹がすくからご飯を食べるわけで、食べたくない季節は献立を考えるだけでも一苦労だ。冷蔵庫にある食材でネットで調べて献立を考えることが多い。

献立を考えてもらうサイトもあるくらいだ。本当に便利な世の中になったものだと思う。良さそうな献立を見つけるとまずレビューを見るのである。実際にそのおかずを作ったことがある人のレビューは重要である。あまり食欲がないとはいえ美味しいものを作って食べたいと思うのは変わらないのである。初めてのレシピで失敗するわけにはいかない。

予防線を張ってここは出来るだけ確実に美味しいレシピかどうかを調査する。まさに「おかずレンジャー」なるものにリスクヘッジの任務を任せるかのようだ。これは職場の人間関係でもありがちなパターンである。上司の機嫌がどうなのかを誰かレンジャーを送り込んで調べるのは常とう手段だ。ちょっとややこしい案件をふるのは上司の機嫌がいいときに限るのである。




求人サイトで実現、充実のナース人生

看護師といえば、時間が不規則、重労働といった、女性が長く続けるには大変な仕事というイメージを持たれがちです。男性看護師も年々増加してきてはいるものの、その比率はまだ少ないのが現状です。現在のところ大半を占める女性看護師に長く働き続けてもらうことは、医療の質の維持・向上のためにも、大変重要です。しかし、結婚・出産などをきっかけにキャリアを諦めてしまう方、また、現在の職場について迷いを持ちながらも、日々の仕事を頑張っている方も多くいらっしゃいます。

 

学校で膨大な量の勉強と実習をこなし、晴れて看護師として働き始めてからは、日々の勤務の中で、実地でしか身につかないスキルを積み重ね、日夜頑張る看護師の皆さん。しかし、激務の中、仕事を辞めてしまおうかという思いがふと頭をよぎることも少なくないのではないでしょうか。

そんな時に頼れるアドバイザーとしてご紹介したいもの、ナース人材バンクや看護のお仕事などいろいろありますがコレです。「ナースバンク」です。転職サービス大手としての長年の実績を持つリクルートが提供する、看護師の求人情報サービスです。

 

「ナースバンク」は、単なる求人検索サービスではありません。夜勤有無や希望転職時期といった希望を伝えることで、お仕事探し、面接の設定から転職先との条件交渉まで、きめ細やかなサービスを受けられます。 現在のお給料は勤務条件に見合ったものなのか、考えてしまったことはないでしょうか。「ナースフル」では、そんな疑問にも答えてくれます。年齢、勤務形態別の平均年収など、欲しい情報が盛りだくさんです。
ぜひ、理想のナース人生へのさらなる一歩を踏み出してみましょう。






人材育成に関して職場環境を改善する

作業に関する効率などは、多くの企業担当者は常に追求しています。効率促進は、売上数字にも大きく関わってくるからです。ところで効率アップを考えるならば、人材にヒントが隠れている事があります。つまり人事育成に関する事柄を改善するという、職場環境の見直しが求められる訳です。

作業効率などは、従業員の仕事ぶりに左右される一面はあります。仕事ぶりが良ければ、それなりに良い効果も期待できるでしょう。逆に仕事ぶりが悪いとなると、生産性が落ちる可能性もあります。したがって企業にとって、人材育成は非常に重要です。

ちなみに人材に関する事柄を考慮するとなると、作業環境の改善も重要ポイントになるでしょう。できるだけ働きやすい環境を整えてあげる方が、総じて効率も改善される傾向があります。 基本的には、人々が作業をしやすい環境を心がけると良いでしょう。仕事のやりやすさに配慮する事は、やはり重要なポイントになると思われます。




面接のときの印象について

面接をするときには、確実に良い印象を与えるようにしましょう。それは難しいことではないか、と思うかもしれませんが実際問題としては大した方法ではないです。例えばその対象によって違うことではありますがハキハキとした受け答えがお勧めできます。

それが悪い印象になる、という人もいるでしょうからなんともいえないことではありますが基本はそれか良い方法といえるでしょう。履歴書も綺麗な字で書くと好印象になります。別に達筆である必要性はないのです。丁寧に書いてある、ということがわかるようなことであればそれは問題ないことです。状況次第で敬語の仕方についてもやや変化させることがお勧めできます。

何もあまりにも堅苦しい敬語のみが良い印象を与えるとは限らないからです。そこは本当に判断次第である、ということになります。それでも基本的にはまずは敬語でしょう。少なくとも丁寧語で話す様にしたほうがよいことだけは確実に言えることなのです。




三重県での看護師さん転職事情

私の親戚で、もう壮年ですが、家事育児をこなしつつ、その時その時の自分に適した職場を転々としながら、看護師を続けてきた人がいます。三重で看護師をやっていて、県内で転職したいという友人のために、その親戚から転職のコツをいろいろ聞いてくることになりました。まず転職は、各地にあるナースセンターや職場で培った人間関係、ハローワークなどの求人から得た情報をフル活用することが大切なのだそうです。実際、三重県のナースセンターは支援が充実しているそうですし、最近では看護師専用の転職サイトなどもあり登録も無料だから、とそこもオススメしてもらいました。

三重の看護師求人:未公開たとえば大学病院か一般病院かで、給与や勤務時間なども大きく違うでしょうしそれをいかに把握するかが確かに大事そうです。次に不安なことと言えば、いつごろから転職の用意をするかということでしょうか。それに対して親戚は、「個人差があって1年前くらいから始める人もいるし、2週間で新しい職場を見つけるのもできることはできる。

でもそれより、どうして転職したいのかを突き詰めた方がためになると思うよ」と言っていました。一度、やむを得ない理由で、よく調べずに転職することだけを一番に考えて転職してしまったことがあるそうです。するとやはりというか、「想像していたのと違う…」ということになってしまったとのことでした。転職理由を明らかにすることで、自分がどういう職場に入りたいかを明確にすることができます。それは応募書類の志望動機欄を書く時にも役立つでしょうし、面接でのアピールにも繋がるでしょう。

それが出来れば、親戚が経験したような、職場とのミスマッチは起きないのではないか…というのが親戚の言でした。三重県の医療の、高齢者が多い、がん治療に力を入れている、看護師が不足している、などの特徴と、それらの意味をしっかり考えて転職しなさい、と親戚は最後に友人へ言葉を贈ってくれました。さすがベテランでした…。




ベネッセMCMって何だろう

求人サイトのナース人材バンクは有名ですが、皆さん「ベネッセMCM」って聞いた事ありますか。「ベネッセって『進xゼx』とかのアレでしょ」「ベネッセ…あー『こxもちゃxんじ』ね」「『しxxろう』でしょ」と言う声が聞こえて来そうですね。実際、筆者もつい最近まで「ベネッセ」には通信教育・模試等の会社と言うイメージしか持ち合わせて居りませんでした。「ベネッセMCM」とはその「ベネッセ」グループの人材紹介・人材派遣等を主業務とする、看護師・介護士・理学療法士他、医療・介護系のお仕事を紹介してくれる会社です。

看護師さんと言えば、昔から常に女の子(あ、昔から男性の「看護士」も居ましたよ)の憧れの職業の上位に位置し、慢性的な人材不足や過酷な労働環境が取り沙汰される昨今でも相変わらず「白衣の天使」の人気は高い様です。持病のある筆者など常日頃から白衣の天使にはお世話になりっ放し、また、介護のお仕事も少し想像を巡らすだけでその過酷さが偲ばれ、ホントに頭が下がります。そんな皆さんには少しでも良い環境で気持ち良く日々の仕事に従事して頂きたいものです。

そんな事を思いつつ件の「ベネッセMCM」のサイトを興味本位で覗いてみました。先ずトップページをには「新着案件」のコーナーが目に付きます。「東京」「神奈川」「千葉」「埼玉」と言った関東の主要都県の他は「大阪」「兵庫」「関西地方」「中国」「東海」「その他」と言った地域が選択肢にあります。北海道・東北や四国、九州・沖縄と言った地域が無いのは、矢張り求人自体が少ないからなのでしょうか。更に多くの地域がカバーされる事を期待したいところです。








ホーム l ナースフル 転職